投稿 | 2月 2013

28 2月 2013

祝電の送り方が良く分からない時

友人の結婚式があるのに出席できないとなると中々悔しい物があります。仲がいいからこそその場で祝福してあげたいし、結婚式の余韻をともに感じたいと思うものです。結婚式の場の雰囲気を感じることは出来ないかもしれませんが、結婚式場でお祝いをしてあげることは出来ます。そのために電報を打ち祝電を送るという方法があるのです。

祝電を送ったことのない人は、どうやって送ればいいのか、ただ台紙にメッセージを書いて送ればいいのか、メッセージは形式に合わせた物にする必要があるのかといった疑問が湧いて来ます。電報サービスを提供している業者には業者ごとの祝電の送り方があり、色々な形で気持ちを送ることができるようになっています。一般的に結婚式で喜ばれるバルーン電報等は結婚式でよく見られます。

祝電ではどういったメッセージを送ればいいのかも考えないといけません。祝電のメッセージにも例文は用意されていて、その例文をそのままに送っても問題はありません。ただそれでは自分の気持ちが伝わらないと思うならこだわりのあるメッセージを自分なりに考えて祝電にして送ってみましょう。仲がいいからこそ送れるメッセージがありますので、自分なりのお祝いの仕方を考えてみてください。